「置かれた場所で最大限やりきる」これが私のモットーです。

谷脇和幸

KAZUYUKI TANIWAKI

製造部製造課 課長

1996年入社

仕事内容

高知市本社製造課で課長をしています。

本社工場では、主に機械の加工や小さい部品の組み立てを行っています。そこで、グループの調整や製品出来上がりのチェックなどを行うのが業務の中心です。また、製造部門には、毎年数名の新入社員が入ってきており、若手も多い職場。若手社員が成長したいと思える環境づくりを行うことも大切な仕事の一つです。

仕事のやりがい

グループリーダーから班長、主任、課長代理を経て、今課長をやっています。リーダーを任されたときから今まで共通しているのは、とにかく必死でやってきたこと。

「完璧なリーダーになろう!」「完璧な班長になろう!」とやってきましたね。でもいつも完璧になりきれないまま、さらに上の目標を与えてもらった印象です。当時はまだまだなのに…と思っていましたが、今考えると、常に少しレベルの高いゴールを与えてもらい、自分はとても恵まれていたと思いますね。そのおかげで、今もなお頑張り続けられています。

SKKはどんな会社?

コミュニケーションが盛んな会社だと思いますね。部門を超えてのコミュニケーションも多く、機械的な感じがしないことが、ウチのいいところだと思います。

また、“自分がやろうとしていることをやらせてくれようとする雰囲気”もありますね。若いときはわからなかったですが、役職についてみて振り返ってみると、諸先輩方は自分に主体性を持たせて仕事をやらせてくれたんだなと感じています。

入社の決め手

高校の先生の紹介です。担任の先生から「良い会社だよ」と強くおすすめされた会社がSKK(当時の四国建機)でした。自分の兄もSKKの社員ですので、社名を聞いたときは、「兄弟そろって四国建機か!」と驚きましたね。

ただ、兄も働いていたこともあり、両親は安心して私を送り出してくれましたと思います。

今の目標

完璧な課長になることですよ。(笑)製造課のメンバーともっとコミュニケーションをとりたいと思います。そのためには、自分の仕事をコントロールや、メンバーのレベルの底上げなどが必要になります。働き方改革にも挑戦しながら、それぞれを少しずつ高めていくことで、時代をリードする製造課を目指したいですね。また、それらを通して、自分自身も1段上にレベルアップしていきたいです。

趣味・プライベート

自分の人生において、一に家族、二に仕事です。三つ目に来るのが、サーフィン!最近少し行けてないですが、多い時には週に1回行くときもありました。家族一緒に海辺に出かけることもありますし、部下と行くこともあるんです。こんな生活ができるのも、海も山もすぐ近くにある高知ならではですね。

メッセージ

これからのSKKを担う人材は、言われたことを言われたままにこなす人ではなく、自分の頭で考えて“指示されたこと+α”の行動ができる人だと思います。自分の目の前のことだけでなく、広い視野や思いやりを持って行動できる人が必要でしょうね。

また、「どんな場所でも自分のやりがいを見つけられること」も重要だと思います。やりたくないと思ったことでも、自分なりのやりがいを見つけると、いつの間にか、楽しく仕事ができるんじゃないかな。それが自分の成長にもつながりますよ。