SKKは、今まで見たことない世界を見せてくれる会社です!

松林芳生

YOSHIKI MATSUBAYASHI

営業部営業課

2020年入社

仕事内容

新入社員研修後の1年間は多度津工場の小型クレーン組み立てに配属しており、今年の四月から本社にて、営業担当として働いています。現在は、事務所でクレーンの請求書や見積書等の作成をしたり、先輩方の出張に同行するなど営業の流れを学ばせて頂いています。営業に配属され驚いたことは、同じ機種のクレーンでも地域によって違いがあることでした。お客様の目線でクレーンについて考えることの重要性を改めて認識させられました。

仕事のやりがい

SKKのクレーンは日本各地で稼働しています。もちろん、入社前の説明会で知る機会がありましたが、入社後改めて身近な場所で使われていると実感しました。海や港でSKKのクレーンを見かけた時は嬉しくなっちゃいます。
営業としてお客様と話す中で、お客様がSKKに対して信頼していただけていると感じる機会があります。SKKが今まで積み重ねたお客様からの信頼をこれからも長く続かせることが、私の仕事だと考えています。非常に責任のある仕事ですが、やりがいを感じています。

SKKはどんな会社?

自分の意見を言いやすく、雰囲気の良い会社だと思っています。最初は文系大学出身ということもあり、クレーンの仕組みや工具の名称など全てが分からない状態でしたが、質問をすれば教えてくださる方ばかりでした。
また、SKKの社員の方は自分たちが作るクレーンに誇りを持っており、社員一丸となって品質の高いクレーンを作ろうという姿勢が伝わってきます。そんな先輩方の思いに刺激され、自分自身も引き上げてもらっていると感じます。

入社の決め手

岡山県の大学出身ということもあり、当初は岡山県か関西地方で就職しようと考えていました。就職活動を進める中で、内定をありがたいことに頂けた会社もありましたが、自分に合っている会社に出会えませんでした。そんな中、地元である高知県の会社を見てみようと参加した合同説明会で、SKKに出会いました。最初はSKKが携わっている【港湾業界】は今まで触れる機会がなかったため、不安になる事もありました。ですが、自分が今まで見たことがない世界を見ることができる会社だとも思いました。
自分は新しいものや人に出会ってみたいという欲が強かったので、チャレンジしてみたいと思い飛び込んでみました。

今の目標

お客様の要望にお答えできる営業マンになるのが目標ですね。お客様にとって何が必要なのか、先回りして理解できるようになりたいです。そのためには、様々な人たちと関わり知識や経験を重ねることが大切だと思うので、仕事でもプライベートでも積極的に行動していきたいと思っています。また、「初心を忘れずに頑張りたい」というのも目標の一つです。製造現場や営業課内で分からない事があった際は教えて頂いている身なので、後輩ができた際には自分の経験を踏まえ的確なアドバイスをしていきたいです。

趣味・プライベート

人と話をすることや、知らない土地に旅行するのがとっても好きです。そのため、自分にとって今この環境(コロナ禍)はとても辛い状況です。
多度津工場にいた時は、香川周辺を散策できたので楽しかったです。またコロナが落ち着いた際は海外旅行にも行きたいです。

メッセージ

就職活動の中は、卒論・バイト・就活と慌ただしい時期だと思います。その反面自分の知らない業界や人に出会うことができる良い機会とも思います。僕は“人と関われる“という軸を決めて、様々な会社の説明会に行くよう心掛けていました。今振り返ってみると就職活動で色んな業界を見て、学んだ事は社会人になっても役に立つと感じることがあります。自分で壁を作らず、色んな風景を見るのも一つの手だと思います。
就職活動の際は金銭的にも精神的にも大変な時期だと思うので、無理のない範囲で頑張ってみてください。