自ら手を上げ、行動する。SKKは、前向きな提案や行動するメンバーを応援してくれる空気があります。

楠瀬まどか

MADOKA KUSUNOSE

管理部管理課 総務・広報・人事担当

2015年入社

仕事内容

SKKの総務・広報・人事を担当しています。

製品を製造するメンバーをサポートする仕事ですが、業務内容は多岐にわたります。広報としては、Webサイトのリニューアルやパンフレットに関わったり、メディアの方とのやり取りをしたり、社内広報誌を作っています。高校生や大学生の会社見学の対応も仕事に含まれます。

現在は、社内にクラウド型の新しい勤怠システムを導入するため、システム会社さんとのやりとりをしていて、みんなが働きやすく、管理コストも下がる仕組みを作りたいと考えています。

人事や経理に関わる仕事もあって、就職活動の時期は企業説明会でプレゼンをしたり、高校生や大学生の会社見学やインターンシップの企画もしています。

各部署から挙がってくる要望に応え、社内外の研修を手配したり、BCPの推進をしたりと幅広くやらせてもらってますね(笑)

仕事のやりがい

自分から「やりたい」と手を上げて行動することで、仕事と役割を広げていける実感があることでしょうか。

入社した当初は、事務職として経理と採用事務を担当していましたが、入社してしばらくすると自分なりに「もっとこういうことに取り組んだら良いのでは」と思うことも出てきました。

そこで、課題やアイデアが社内から挙がってきたタイミングや、会議の場で「私がやります!」と手をあげてみたんです。

もともと、休みの日もじっとしていられない性格なのですが、SKKは「やりたい」というと上司も同僚もみんな結構応援してくれるんですよ(笑)。

例えば、防災やBCP(Business Continuity Planning:事業継続計画)の取り組みは、何度か議論をしながらもなかなか日常業務の中で優先順位が上がらず、進捗できていませんでした。実行に移せないのは、知識が不足しているからと考え、社外の勉強会に参加して学んだことを共有し、社内でプロジェクトを推進しました。知識量と実行力ってつながっている気がします。

社内広報誌も、もっと経営方針や他部署の社員を知れるものにしたいと提案して、かなり自由に紙面を作らせてもらってます。

SKKはどんな会社?

社歴や年齢に関わらず「やってみたい」と手を上げて行動するメンバーを、サポートしてくれる上司や応援する文化がある会社だと思います。

直属の上司である森山は、私の個性や行動を見た上で「こんなこともやってみたら?」と、私が興味を持ちそうなミッションを与えてくれたり。「よし、やってみよう!」と思いながら、私のことをよく分かって課題をくれる人だなと尊敬しています(笑)

地域社会にも、もっとオープンな会社でありたいと思い「よこせと連携協議会」という地域コミュニティ活動にも参加をしています。活動継続がしんどいなと思ったときに、他部署の方が「がんばれ」と応援してくれたことがあります。所属や年齢に関わらず、社員同士が話しやすく、社内に「素敵だな」「すごいな」と思える先輩がいるのは、SKKの良いところだと思います。

入社の決め手

実は、最初はどちらかというと後ろ向きな気持ちでSKKに入社したんです。

学生時代、韓国に1年間留学したことで日韓関係に興味があって大学院に行くつもりだったのですが、受験に失敗してしまって。

実家のある高知に戻ってきて、とにかくどこかに就職しないと…と考えて、就職サイトで「韓国」と検索して出てきた会社がSKK。「仕事で韓国に関われるならありかな」と軽い気持ちで、面接試験を受けたんです。

そうしたら、実際は韓国の仕事は落ち着いてしまっていて、やりたい仕事を探して、いろいろ気になったことに手を上げていたら、いつの間にか幅広い業務をやるようになっていました(笑)。

今の目標

私の強みは、行動力・実行力じゃないかと思っています。

直接、お客様とやり取りしない代わりに、みんなの働き方や会社全体を俯瞰して見て、もっと改善できるところを見つけられる立ち位置にいさせてもらっていると感じています。

ただ目の前の課題に対応するというだけでなく、会社の仕組みとして回るようにしていきたいですね。

もう一つは、採用活動をしていて、高知出身の若者の多くが首都圏の会社、大企業への就職を希望していて、「高知で働きたい」人が減っているんじゃないかと思うことがあります。

SKKという1社だけではなく、いろんな方と連携して、働く場所・生活する場所として、高知が魅力的になっていったらいいなと考えています。

趣味・プライベート

韓国語が話せるので、通訳・翻訳ボランティアチーム「SGG」に所属して、年に1,2回通訳をしています。時間ができたら NETFLIX で韓国ドラマを見たりしていますが、あまり家でじっとしているタイプではないので、様々なコミュニティや勉強会にでかけていって活動をしていますね。

今、興味があるのは中高生にいろんな職業や仕事があって、高知にもやりがいをもって働いている人がいると伝えること。採用担当として感じた高知の就職や仕事に関わる問題を解決できないかと模索中なんです。

上司も応援してくれているので、頑張りたいですね。

メッセージ

やりたいことが明確でなかったり、第一志望の就職先や進路に進めなかった人もいるかもしれません。でも、自分の周りに手つかず課題は落ちていないでしょうか?また、周りの人たちによく頼られていることはないでしょうか?どんな小さなことでも自ら手を上げて、一度行動してみること。

そうやっていくうちに、知識や経験も増えて、自分のできることや可能性が広がると思います。

そんなとき、一緒に働く人が前向きに応援してくれたり、自然にサポートしてくれる環境があるって、とてもありがたいですよね。SKKはそんな会社です。

ものづくりに興味があって、高知から世界で活躍するクレーンを作りたい人、チャレンジしてみたい人は、ぜひ一度、会社見学に来てみてください!