海上建設・ウォータープラント開発・海洋開発へ 海のクレーンを創造するSKK

先輩社員のメッセージ

Message

平成26年入社 設計部技術課
森下 慶一(工学研究科機械工学専攻卒)

Q, 現在どのような業務を担当していますか?
 現在は主にクレーンの設計を行っています。
 先輩社員の下につき、先輩社員が担当しているクレーンの一部を設計しています。 また、図面を描くだけでなく、クレーンを販売するに当たって必要な、役所への申請書類等も作成しています。

Q, 仕事をする中でやりがいを感じるのはいつですか?
 自分が描いた図面で造られた製品を見ると、やりがいを感じます。
 私の場合、ガントリと呼ばれる大きな構造物の図面をいくつか描いたのですが、その実物を見て、自分の図面通りに製作されているのを目の当たりにすると、「これは自分が作ったんだ。」という充実感が得られます。

Q, 大学時代の研究テーマを教えてください
 大学では非破壊検査に関する研究を行っていました。
 非破壊検査の中でも特に、赤外線サーモグラフィ法を用いた石油プラント内の配管の診断方法の開発を行っていました。
 これがどのようなものか簡単に説明すると、赤外線カメラで対象となる配管を撮影することで、その配管の内面にゴミが付着しているかどうかを診断する技術となります。
Q, 高知での就職に対してどのようなイメージを抱いていましたか?
 高知は田舎ですので(地元民が言うのもなんですが…)企業数が少なく、少ないチャンスをものにしなければならないというイメージでした。ですが、実際には名の知られた大企業こそ少ないものの、高知の企業が集まる就職説明会に足を運べば、都市部の就職説明会にも劣らない数の企業があったため驚きました。

Q, 仕事に関して印象的だった出来事はありますか?
 自分の設計ミスで部品を作りかえることになってしまったときに、先輩にフォローしてもらったことは印象的に記憶に残っています。そのほかにもミスしてしまったことは幾度かあるのですが、失敗したときのことを思い出すと、失敗しないようにと身が引き締まります。

Q, 今後の目標や、挑戦していきたいことがあれば教えてください。
 この仕事をして、ただ図面を描けば良いというだけでなく、現場で実際にものを作る人がいてはじめて、ものづくりが成り立つことを実感しました。
 なので、今後は作り手が簡単に理解できるような、見やすくて作りやすい図面を描いていきたいと思います。

Q,久々の高知での生活には慣れてきましたか?
 まだ高知に帰ってきて時間もあまりたっておらず、仕事が忙しい時期であることもあり、家ではほとんど寝て過ごしてますね(笑)仕事が一段落したら、また新しい趣味なんかも見つけていきたいと思います。
TOP