海上建設・ウォータープラント開発・海洋開発へ 海のクレーンを創造するSKK

先輩社員のメッセージ

Message

平成25年入社 製造部多度津製造課
重松 佑哉(機械科卒)

Q, 現在どのような業務を担当していますか?
 多度津製造課で小型クレーン組立をしています。
その中でも主に、ブレーキやクラッチ用の配管製作や取り付け担当しています。

Q, 仕事をしている中でやりがいを感じるのはいつですか?
 配管など製作作業がきれいにできたときですね。
仕上がったものが一つの機械としてきちんと作動するのが確認できたときは、皆の力で協力できた達成感と同時に、仕事のやりがいを感じる瞬間でもあります。

Q, 高校時代は何かに熱中していましたか?
 高校時代は、工業技術系の部活動の部長をしており、自分自身の技術力の向上のために、日々部活動に打ち込んでいました。部員の皆と、ひとつの物を作るために知恵を出し合いながら製作することに熱中していましたね。
Q, 就職活動中、大変だったことはありましたか?
 私は勉強があまり得意な方ではなかったので、とにかく勉強することそのものが大変でした。また、3年次には、学校行事も引っ張っていく立場で大変だったのに加えて、就職活動のため面接練習などにも時間を割かなければならかったため、忙しく過ごしたことを覚えています。

Q,仕事をする中で印象的に残ったエピソードがあれば教えてください。
 小型クレーンの据え付けのため、初めて取引先へ出張したことが最も印象に残っています。それまでは、工場の中でクレーンの組立作業をするだけだったのですが、実際に自分が製造したクレーンが稼働している姿を見たとき、ただただ圧倒されたことを今でも覚えています。

Q, 今後の目標や、挑戦していきたいことをひとこと!
 僕自身まだまだ未熟なので、組立作業に関して、誰にも負けないくらいの知識と技術を持つことを目標に仕事に取り組んでいきたいと思います。また、仕事をする上で必要になってくる様々な資格の取得にも挑戦していきたいと思っています。

Q,プライベートで没頭している趣味や、多度津(香川)だからこそできる楽しみなどがあれば教えてください。
 SKKのソフトボール部に所属しているので、休みの日に大会や練習などに参加して、体を動かすことが趣味です。また、多度津工場のある香川県にはうどん屋が豊富にあるので、おいしいうどんの食べ比べは高知ではできない楽しみの一つですね。
TOP