海上建設・ウォータープラント開発・海洋開発へ 海のクレーンを創造するSKK

先輩社員のメッセージ

Message

平成19年入社 製造部製造課
佐藤 吉泰(生産機械システム技術科卒)

Q,現在どのような仕事をしていますか
 製造部製造課で、クレーンを製造するために必要な資材の発注や加工先の選定、値段の交渉などを行っています。製品づくりに直接かかわる仕事ではなく、製造工程をスムーズに進めるための業務を行っています。

Q,仕事をする中でやりがいを感じられたのはどんな時ですか?
 トラブルなくクレーンを出荷できたときや、外注業者の方々との取引をうまく進められたときですね。また、取引先との交渉が上手にできたときは、今まで頑張ってきた努力を感じることのできるうれしい瞬間でもあります。

Q,大学時代にはどんな研究を行っていましたか?
 大学時代は二足歩行ロボットの製作をテーマに研究をしてきました。最近ではキットなどが販売されていますが、当時はほとんど販売されていませんでした。そのため、細かい部品の設計から製作、また制御する他の学生とも打ち合わせをしながら進めたのを覚えています。

Q,就職活動時のエピソードを教えてください。
 高知県は他の県に比べて賃金が安く、企業数も少ないため、当初はUターンしての就職はむずかしいのでは?と思っていたのが正直な気持ちでした。
 SKKとのつながりのきっかけは学校の先輩でした。先輩がたまたまSKKのインターンシップに参加しており、その際会社にかなり良い印象をもってもらえたようです。そのためか、自分の会社訪問や試験なども、とても良い雰囲気で進めることができましたね。先輩のおかげで、自分はかなりラッキーだったように思えます。
Q,最も印象深く残っているエピソードはどんなことですか?
 エピソードではないのですが、印象的なことといえば、とにかくすべてにおいて扱うものが大きいということです。製品や部品の大きさはもちろん、一つひとつの扱う金額についても大きいので、今の業務についたばかりの頃は不安なことも多々ありましたね。

Q,今後の目標をぜひ!
 従来のやり方にとらわれない方法で、仕事ができるような社員として頑張っていきたいですね。また自分は労働組合の委員としても活動しているので、社員の労働環境向上のために、こちらの活動も頑張っていきたいです。
TOP